日本でも地球温暖化が表面化してきている

近年はエコや環境問題への関心が高く、企業としても環境問題に配慮した運営や商品、そしてサービスの展開が重要視される様になりました。企業イメージをクリーンにするためにも、企業としてどの様な環境問題への対応をしているかを明確に提示するケースも少なくありません。ステークホルダーだけにとどまらず、消費者へのイメージという視点でも、環境問題への配慮は重要な意味を持つ様になりました。
例えば、社内組織のルールとしてペーパーレスを促進する事で、資源の無駄使いをなくし、ゴミを減らす活動は近年注目されています。電力の使用を抑えるために、社内で電気の無駄使いをしないキャンペーンをしている企業から、社員に対して環境問題やエコに関するボランティアへの参加を促進している企業もあります。
この様な活動はホームページで発信したり、株主総会で発表したりと企業毎に様々な方法で発信し、環境問題に前向きに取り組んでいるというイメージを発信する事は今後さらに重要となってくるでしょう。
地球温暖化は長い時間をかけて起こる地球環境の変化ですが、すでに日本でも目に見える形で地球温暖化問題が表面化してきています。
多くの人が実感する地球温暖化の現れは、夏がより暑くなったということです。日常会話の中でも、年配の方が昔に比べて日本の夏が暑くなったと話すのを聞くことがあります。これは日本の独立行政法人である国立環境研究所の報告でも確認されています。それによると、20世紀の初めから終わりにかけて、日本全体の平均気温は約1度上昇しました。東京では3度近い上昇がみられます。都市部はヒートアイランド現象の影響で気温が上がりやすくなっているからです。また、真夏日の日数は増え、逆に真冬日は減っています。昔よりも夏がより暑くなり、冬はあまり寒くなくなったという体感は気のせいではなかったということですね。

同時に、局地的な大雨の回数が増えていることも確認されました。ゲリラ豪雨とも呼ばれる現象です。

地球温暖化はすでに日本人の生活に影響を与え始めています。

PR|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|童話|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|サプリメント|貯蓄|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|JALカード|生命保険の選び方|オーディオ|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|