事業用のゴミもきちんと分別して節約に

私の勤めている建築会社では、以前は事業用のゴミは業者にまとめて持って行ってもらうのであまり分別もせず廃棄していたのですが、分別することでゴミの量を削減し、コスト削減につなげようと言う取り組みをし始めました。

 

まず、もう使えないだろうと考えていたオフィス家具等の大物のゴミは、ある程度まとめて取っておいて、年に1回くらいリサイクル業者に持ち込みし、買い取ってもらいました。
また、段ボールやシュレッダーの紙もきれいにまとめておき、古紙回収業者に販売することで不要なゴミを処分しながらも利益がでるようになりました。

 

社員の間でゴミの分別をして販売できると言う意識が高まり、本社からの支持されていなかったゴミにも目を向けるようになりました。
支店の社員たちで話し合い、それまで産廃業者に有料で引き取ってもらっていた鉄くずも売ることができないかと検討し、近場に買い取ってくれる業者を見つけました。

 

ごみを分別してできたことはコスト削減だけでなく、支店内のゴミ置き場がキレイに整頓されるようになり、社員の満足度も高くなったと思います。労働安全衛生マネジメントシステムにおいても成長しました